介護、介護福祉士とは

スポンサードリンク

介護とは、高齢者の方や病気の人、障害者の方などの生活をする上でのお世話や手助けをすることを
いいます。このような人たちは日常生活支障がある方が多いのでその支援が主な内容といえます。

また、介護というのは日常生活に支障がある方々の自立を助け、食事や排泄といった身の回りの
お世話をすることです。決して介抱だけをすることを指して介護ということではありません。

介護福祉士という職業もよく聞かれるようになりましたね。
また、「介護福祉士」というのは職業だけを指すのではなく資格でもあります。

介護福祉士
と並んで、どうような職業にケアマネージャー介護支援専門員)や
ケアワーカー
ホームヘルパーといった職業も介護では注目を集めています。

介護サービスを介護保険法に基づき受けるには

在宅サービスには「訪問介護」、「デイ・サービス」等があります。
また、福祉施設によるサービスでは「特別養護老人ホーム」、「デイ・ケア・センター」等があります。
これらのサービスは介護保健法で定められております。

介護サービス
介護保険法に基づき受けるにあたり、要介護者(介護される人)は
要介護度5〜1」、「要支援」という段階が定めれております。

介護サービス
を利用には、要介護認定を受ける必要があるわけなのです。

日本での介護事情はかなり大きく様変わりしています。一つは高齢化社会になってきていること、
そして少子化です。これらの要因により家族の負担も考えられないくらい大きくなり問題のひとつして
表面化しつつあります。

SPONSORED LINK

スポンサードリンク

介護保険法の施行

1970〜1980年代に介護という言葉が広くよく使われ始めました。
介護という言葉の浸透が進んだ
大きな理由は、2000年施行
介護保険法にあります。これにより保険制度が整備され高齢者や
障害者
等の在宅サービスもよく
耳にするようになりました。